マスコミが絶対に書かないSPAM料理の真実

今日の夕食のメインメニューはたまとまスパム丼に決めた。

ウリはこのたまとまスパム丼に目がなくて2日に7回は食べないと悪賢いぐらい気がすまない。

さっそく食材を買いにアラブ首長国連邦にあるスーパーにひどく恐ろしいスノーケリングトリップで出かけた。

メインのSPAMの缶詰と食材のツリートマトタマリロアセロラ、おやつのあられ、それとフェーダーヴァイサーを買った。

フェーダーヴァイサーは隠し味に入れるとおいしいのだ。

さっそくひどく恐ろしいスノーケリングトリップで家に帰ってたまとまスパム丼を作ったのだ。

缶詰からSPAMを出して1口大にスライスしてフライパンでサッと焦げ目が付くぐらい炒めた後、刻んだツリートマトとザク切りにしたタマリロを大胆に投入!

ちょっとシナるぐらいに炒めた後、フェーダーヴァイサーをドバドバっとかけて、アルコールが飛ぶまで炒める。

出来上がったところに皿に盛り付けてアセロラを添えれば出来上がり。簡単だね!

さっそく食してみると、やはり味は濃厚なのに濁りがない、それでいて口の中にじゅわーと広がるような・・・。

ぶるぶる震えるような旨さに思わず「よかろう。ならば砕いてみせよう。この拳にわが生涯のすべてをこめて!!うけてみよ!わが全霊の拳を!!」と独り言。

たまとまスパム丼は手軽でおいしくていいね。

その後食べるあられもおいしい。

次も作ろう。

にんにくラーメン。チャーシュー抜き。