橋下市長 テレビ朝日の政治部記者が大誤報、出馬?中川秀直? #アイドル #idol #followme

単行本 官僚国家の崩壊 中川 秀直

商品説明★詳細★
※自己紹介文を必ずお読みになって下さい。
・中古商品の為、多少のスレ・使用感・経年によるヤケ等ある場合が御座いますが通読には問題ありません。
・商品画像にて、ご確認ください。
・質問があれば気軽にしてください。
・返答は基本24時間以内にさせていただいております。
・落札後の、キャンセルは、受け付けておりませんので、ご了承下さい。
・ノークレーム・ノーリターン・ノーキャンセルでお願いします。
※こちらに問題があった場合は対応させて頂きます。
★梱包方法★
・簡易クリーニング(アルコール消毒)後、クリスタルパック(防水)にて梱包。
※本の場合プチプチは使用しておりません。
・厚紙封筒にてお送りします。
★配送方法★
・個別配送 1梱包 全国一律180円 ポスト投函 補償無し

↓↓↓↓↓

中川秀直に関するアイテム ← クリック 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

橋下市長 テレビ朝日の政治部記者が大誤報、出馬?中川秀直?

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

中川秀直に関するアイテム ← クリック 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

「南京虐殺はなかった」アパホテル反論の“嘘と詐術”を検証する

[ニュース、政治、国際情勢|政治、社会問題]「南京虐殺はなかった」アパホテル反論の“嘘と詐術”を検証する! そして、安倍首相とのただならぬ関係とは?=どう思われますか? http://lite-ra.com/2017/01/post-2862.html 2017.01.19 グループ代表自らが「南京虐殺はなかった」と主張する歴史修正トンデモ本を客室に設置していたことが海外で知れ渡り、大問題に発展したアパホテル。前回の記事では、その元谷外志雄・アパグループ代表の著書『理論 近現代史学II 本当の日本の歴史』のトンデモな内容と、ホテルを自分の思想宣伝に利用している元谷代表の私物化経営の実態を紹介した だが、アパグループは全く反省する姿勢を見せず、17日17時頃、公式サイト上で、以下の“反論声明”を公開。書籍撤去を拒否し、歴史修正キャンペーンを正当化した 〈本書籍の中の近現代史にかかわる部分については、いわゆる定説と言われるものに囚われず、著者が数多くの資料等を解析し、理論的に導き出した見解に基づいて書かれたものです。国によって歴史認識や歴史教育が異なることは認識していますが、本書籍は特定の国や国民を批判することを目的としたものではなく、あくまで事実に基づいて本当の歴史を知ることを目的としたものです。したがって、異なる立場の方から批判されたことを以って、本書籍を客室から撤去することは考えておりません。〉(アパグループ公式サイト、ニュースリリースより) 続けて、開き直るかのように、〈末尾に本書籍P6に記載しています、南京大虐殺に関する見解を掲載いたしますので、事実に基づいて本書籍の記載内容の誤りをご指摘いただけるのであれば、参考にさせていただきたいと考えています〉と自信ありげに挑発すらしてみせた ならば、それがいかにトンデモかを指摘しようではないか。ちなみに、ここでいう「本書籍」とは『理論 近現代史学 本当の日本の歴史』のことで、そこにはこんな見解が書かれていた 〈中国は日本軍が南京で三十万人を虐殺したと主張しているが、そもそも当時の南京市の人口は二十万人であり、三十万人を虐殺し、その一ヶ月後には人口が二十五万人に増えていたなどあり得ないことだ。しかも国民党中央宣伝部に雇われていた二人を除いて、欧米人など第三国の人が虐殺を目撃した日記も手紙も写真も、記録したものが一つもないことなど、更には、上海大学の朱学勤教授が「いわゆる南京大虐殺の被害者名簿というものは、ただの一人分も存在していない」と論文で発表したにもかかわらず、辞職もさせられていないことなどから、いわゆる南京虐殺事件が中国側のでっちあげであり、存在しなかったことは明らかである。〉 よくもまあ、こんな滅茶苦茶な理屈で〈事実に基づいて本当の歴史を知ることを目的としたもの〉などといえたものである。これこそ、歴史修正主義者、ネトウヨが使う詐術の典型はないか 元谷氏が「数多くの資料等を解析し、理論的に導き出した」などと大見得をきった主張がいかにトンデモかわかっていただけたはずだ。こんなシロモノが全世界に発信されたという事実こそが、日本の恥というべきだろう しかも、強調しておきたいのは、これが、単に民間のネトウヨワンマン経営者の暴走、という話ではすまないことだ。元谷代表はこの国の政界に食い込み、日本の最高権力者である安倍首相ときわめて親密な関係にあるからだ たとえば、2007年11月に盛大に催された元谷代表の次男夫妻の結婚式には、政界からも森喜朗元首相、中川秀直元自民党幹事長ら錚々たる面々が駆けつけていた。元谷代表は森氏と同郷の石川県小松市出身。1986年、元谷氏は地元の政治家や財界人を集めた会員組織「小松グランド倶楽部」を結成したのだが、そのとき最高顧問に就いたのが森氏で、2003年にはアパグループの機関紙「Apple Town」で対談も行い、元谷代表の著書の出版パーティの発起人を森氏が務めるまでになった。そして、アパグループは森氏との蜜月を機に政界に人脈を広げ、その子分である安倍晋三と関係を深めていったのだという 安倍氏の秘密後援会「安晋会」の存在だ。当時メディアを賑わせていた姉歯・ヒューザーの耐震偽装事件で、耐震偽装マンションを販売したヒューザーの小嶋進社長が、国会証人喚問で国交省への事件もみ消しの働きかけを、当時官房長官だった安倍氏の秘書・飯塚洋氏に依頼していたことを暴露。そのとき、小嶋社長は「安晋会」に入っていたから、とその関係を説明したことがあった。「安晋会」には小嶋社長の他にも、吉村文吾・AIG株式会社会長や前田利幸・前田興産代表取締役社長、そしてライブドア事件にからみ沖縄で怪死を遂げた野口英昭氏が副社長を務めていた、エイチ・エス証券の澤田秀雄社長(エイチ・アイ・エス会長)など、実業界の実力者が集結し、様々な疑惑が報じられたのだが、実は、その「安晋会」の副会長を務めていたのがアパグループの元谷代表だったのだ 転載(抜粋

中川秀直と天海祐希 http://ameblo.jp/n

[エンターテインメントと趣味|テレビ、ラジオ|ドラマ]中川秀直と天海祐希 http://ameblo.jp/nakagawahidenao/entry-10172984375.html

形相で中川を睨みつける麻生太郎[ニュース・災害・社会制度>ニュース・時事問題>政治]

自民党の中川秀直元幹事長は14日午後の代議士会で「今、解散を望んでいるのは民主党だ。 民主党を利するのは違うのではないか。 人心一新が必要だ」と主張し、両院議員総会の開催を求め…

金融緩和で余ったお金はどこに行くのでしょう?[ニュース・災害・社会制度>ニュース・時事問題>経済]

金利を下げることで日本は銀行を救ってきたのだといわれてましたよね。 個人に払うべき金利を銀行が総取りすることで不良債権をなくして、貸しはがしを防ぎ、、、、。 1 これが、見ず…

Voice(ボイス) 2010年 02月号 [雑誌]
Voice(ボイス) 2010年 02月号 [雑誌]
価格:


========== 無料レポート ==========

1. <要約レポート!> ~~~ [女性用]☆制作会社社長、TVプロデューサーが激白!アイドルとしてデビューする方法!!☆

2. ■アイドル、ミス女子大生といった大型美女と言われる女性を30 分で落とした驚異の会話術

3. あのアイドルが、すべてを脱ぎ捨てて大胆に!

========== 無料レポート ==========

More from my site