あなたが知りたい今流行の商品の新着情報を提示している専門サイトです。更には、知って得する今流行の商品の基本的な情報も披露しています。いち早く確認してみてください。

スティック型Android端末zealz GK802で日本語入力とExcel編集テスト





スティック型Android端末zealz GK802で日本語入力とExcel編集テスト



前回https://www.youtube.com/watch?v=_Xnoc5hxsYIにひき続いて、もう少しzealz GK802のレビューをしてみます。

使用環境は、mini PC本体がzealz GK802、キーボードはポケモンタイピングのキーボード、日本語入力はGoogle日本語入力です。

(1)Opera miniブラウザの入力画面(Wordpressの記事編集画面)上で、日本語入力のテスト。
(2)OfficeSuitePRO7のExcel編集で住所録イメージの表を編集テスト。
の2点をやってみました。

キーボードが秀逸というのもありますが、テキスト編集的な作業においては全くストレス無く、MacやWindowsのデスクトップPCを使用しているのと何ら変わりなく作業が出来ます。
一方で、やはりExcelの編集はOfficeSuite PROがイマイチなせいか、それなりに作業はできるものの、こちらはPCでの作業に比べて若干劣る感じ。

ココらへんがアプリ側のVerUPなどで改善されて行くと、Android miniPCの、PC代替えとしての使い勝手ももっと向上していくのかなと。

それにしてもポケモンタイピングのキーボード http://amzn.to/ZUaM8W はタイピングもし易いし、本当に使い易いです。コレで2,000円台というのはお買い得だと思います。・・・続きはこちら⇒スティック型Android端末zealz GK802で日本語入力とExcel編集テスト


僕がおすすめするのが、マウスコンピューターというアイテム。
これをおすすめしたいのには理由があります。
他のものとは違い、か~なり興味深い部分があるのです。

●小さいボディに無限の可能性
※初回起動時はBluetoothキーボード・マウスは使用出来ません。別途USB接続のキーボード・マウスが必要と成ります。
HDMI端子の有る液晶TVに接続すれば、大画面一体型PCのように使うことが出来ます。PCを起動すると言う動作を意識せずとも、メールやニュースをはじめ、PCならではの豊富なコンテンツをリビングのTVでも楽しむ事も可能に成ります。

・TVをホームシアターに
PCだからこそ出来る、各種ストリーミングサービスやネットラジオとの抜群の親和性を活かし、PCと言う新しいチャンネルを加えましょう。消費電力は最大10Wとすごく省電力なため、利用のたびに起動、スリープを行なう煩わしさも必要有りません。

※フォトはイメージです。
圧倒的なコンパクトさが、オールインワンPC以上の圧倒的な省スペース性を実現します。また、キーボード(トラックパッド付)といっしょに持ち歩けば、外出先でTVと接続することにより、ノートPC以上の快適さを実現します。
■無線・ワイヤレスも充実

フルサイズUSBポートを配置して居るので、無線キーボードやマウスなど、普段お使いのUSB機器を変換アダプタ必要とせず、そのままご使用いただしけます。
■フルサイズ USB2.0 ポート
タブレット、2 in 1プラットホーム向け最新インテル Atom プロセッサー Z3735F(最大1.83 GHz、4コア4スレッド)を採用し、高い処理性能と低消費電力を実現して居ます。

■m-Stickシリーズ MS-NH1の特長
※外観等、フォトと異成る場合が有ります。

手のひらサイズのスティック型PCでありながら、通常版 Windows 8.1 に完全対応、ソフトやサービスを専用に創り込む必要は有りません。
※動作保証温度内にてご利用ちょうだい。
※Windows 8.1with Bingでは、Internet Explorer 11(以下IE)のデフォルト検索エンジンをBingに設定されております。

※サウンドはHDMI端子から出力します。接続するHDMI機器が音声入力に対応して居る必要が有ります。
最新タブレット、2 in 1プラットホーム向けテクノロジーの採用により、手のひらに収まるサイズまでPCを小型化し、ポケットに入れて持ち運べる超軽量・小型のスティック型PCです。液晶TVやディスプレイのHDMI接続で最新のWindows 8.1 Updateを使用することが可能です。

・店ブレインディスプレイをPCに
・Windwos PCを新しいチャンネルに

■マルチカードリーダー
■Windows 8.1 with Bing

■小型でもパワフルな4コアCPU
無線LAN 802.11 b/g/n (2.4GHz) & Bluetooth 4.0/4.0LE 搭載、ネットやワイヤレス対応のデバイスとの接続もスムーズにおこなえます。

マルチカードリーダーにより、Micro SDカードなどで内蔵ストレージ同等以上の容量を追加可能です。
(※キーボード・マウスは付属していないんですよね)
【ご注意】
※キーボードは別売りです。
低消費電力がもたらすファンレス&低発熱設計のため、従来は組み込み向けPCが必要だった環境でも使用可能です。店ブレインディスプレイがネット、フルHD対応のマルチマスコミモニタ-に生まれ変わります。
※キーボード・マウスは付属していないんですよね。初回セットアップ時にUSB接続のキーボードやマウスが必要と成りますので、別途ご用意頂戴。
・モニターをクライアントPCに
※ご使用の際には、HDMIケーブルと電供供給用USBケーブルを接続する必要が有ります。
※ネットは無線LAN接続が必要です。

あまりここでグダグダ解説をするのもイヤなので、実際にご自分でチェックしていただくのが一番良いと思います。
詳しくは「マウスコンピューター」で検索していただくか、マウスコンピューターのページを見て下さいね。
とにかくおすすめ!!します。

なぜマウスコンピューターをもっと早く知ることができなかったんだろう・・・と思っているんですが、今の世の中インターネットにはとんでもない量の情報があふれているので、貴重な情報を見つけられにくくなっているんですよね。
便利な世界になったのはいいのですが、こういうところに落とし穴がありますね・・・・。

まさに諸刃の剣です(^^;)

【お客様のレビュー】です。⇒クリック

マウスコンピュータのスティック型PC 「m-Stickシリー

[インターネット、PCと家電|パソコン]マウスコンピュータのスティック型PC 「m-Stickシリーズ MS-NH1」が品薄ですね。今月末ぐらいには買えるかな? で質問ですが、モニターにHDMI端子がなくてDVI端子しかない場合、変換ケーブルでつないだら使えますか? 教えてください。

スティック型PCについて質問です。 買うわけではないのですが

[インターネット、PCと家電|家電、AV機器|テレビ、DVD、ホームシアター]スティック型PCについて質問です。 買うわけではないのですが、チラシを見てふと思ったので質問してみました。 このPCに接続可能なものはテレビだけなんでしょうか。 ※この質問への回答のため接続可能か分からないものへ接続したことでの故障等は私は責任取れませんのでご注意ください。購入した方が実際に接続可能だったものを教えていただければ幸いです。

マウスコンピューター スティック型WindowsPC / m-Stick (Win8.1withBing/AtomZ3735F/2GB/32GBeMMC) MS-NH1-AMZN
マウスコンピューター スティック型WindowsPC / m-Stick  (Win8.1withBing/AtomZ3735F/2GB/32GBeMMC) MS-NH1-AMZN
価格:


I-O DATA スティック型パソコン 「インテル(R) Compute Stick」 CSTK-32W
I-O DATA スティック型パソコン 「インテル(R) Compute Stick」 CSTK-32W
価格:


パソコン テレビ USB クアッドCORE搭載 究極の進化形 Android OS 4.2.2 アプリ 動画 音楽 メール ゲーム 大画面で 遊び放題 SY-PCTVUSB
パソコン テレビ USB クアッドCORE搭載 究極の進化形 Android OS 4.2.2 アプリ 動画 音楽 メール ゲーム 大画面で 遊び放題 SY-PCTVUSB
価格:



ノートPCのCPUなんてペンティアム3で十分?[デジタルライフ>ハードウェア>ノートPC]

私の彼のノートPCが購入時にノートPCはすぐ壊れるよと忠告したのですが日本のメーカーの製品がすぐに壊れるわけないと鼻で笑われてしまいました。 それから早1年7ヶ月彼のご自慢の30万も…

オススメのノート型PCを教えてください[デジタルライフ>ハードウェア>ノートPC]

ノート型PCの購入を考えています。 VAIOにしようかなと思っていましたが、 「SONY(VAIO)は家電だから、、、」 「周辺機器もSONYにしなければ、、、」 という話を読み、考え直してみようかと…

ページランク4めざせ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

今、光っているアイテム


本格派ネットショップが無料で開店できる

お名前.com

ページ上部へ戻る