あなたが知りたい今流行の商品の新着情報を提示している専門サイトです。更には、知って得する今流行の商品の基本的な情報も披露しています。いち早く確認してみてください。

【鎌倉新書(2)】終活ポータルの収益モデル #人気商品 #Trend followme

2016.06.21

【鎌倉新書(2)】終活ポータルの収益モデル #人気商品 #Trend followme はコメントを受け付けていません。





【鎌倉新書(2)】終活ポータルの収益モデル

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

鎌倉新書に関するアイテム ← クリック 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

鎌倉時代~戦国時代後期の武士・武将にとって「征夷大将軍」に価

[教養と学問、サイエンス|歴史|日本史]鎌倉時代~戦国時代後期の武士・武将にとって「征夷大将軍」に価値はあっても、「鎮守府将軍」は価値がなかったのでしょうか? 鎌倉時代において「征夷大将軍」は源氏が3代・摂家将軍が2代・宮将軍が4代と合計9代。建武の新政の時期においては、護良親王が征夷大将軍に任じられ、それに続く足利将軍家は15代。 『鎌倉殿』や『室町殿』の権威・権力の源泉のすべてが「征夷大将軍」への任官によるものではないのは理解できますが、この官職の価値もまた否定できません。 一方、いま手元にある『本当は間違いばかりの「戦国史の常識」』 (八幡和郎著、ソフトバンク新書) において、「織田信長は、嫡子の信忠を征夷大将軍にしたかった」と述べています。この説が正しいかどうかはさておき、それに続いて同書において ・信長は信忠への円滑な継承に気を遣っていた ・信忠には東北経営のための役職である秋田城介を名乗らせていた ・秋田城介は、酒田付近にいた出羽守の下で、最前線である秋田付近の前線司令官の官職 という趣旨のことが書いてあります。「秋田城介」がまるで征夷大将軍に近似するような価値をもつ官職であり、これを踏み台にして、いよいよ「征夷大将軍」就任を狙うかのような印象を受けます。 「征夷大将軍」 → 本来は、蝦夷を討伐するための臨時職であったが、それが武家政権の棟梁が就任するべき官職になっていった。 というのが歴史の流れであるとして、「征服し、馴化させた蝦夷の土地を治めるための官職。平時における陸奥・出羽の軍事権を掌握する官職」である「鎮守府将軍」は、征夷大将軍に匹敵する名誉職として注目されることはなかったのでしょうか?

東叡山寛永寺は、比叡山延暦寺を模倣したもの (あるいは京都朝

[教養と学問、サイエンス|歴史|日本史]東叡山寛永寺は、比叡山延暦寺を模倣したもの (あるいは京都朝廷に対抗する意思表示として建立されたもの) とされていますが、模倣・対抗のためであるがゆえに、そっくりそのまま比叡山延暦寺で祀る神仏や、 その環境をも真似る必要があったのでしょうか? 関東武士に好まれる神仏 (関東鎮護の神仏、関東に縁の深い神仏、源頼朝に縁のある神仏) を、関東から勧請することは十分に重みのある行為だと思うのですが、それよりも、琵琶湖から勘定することが『形式的に重要』、『呪術の儀式上重要』だったのでしょうか? 『地名で読む江戸の町』 (大石学著、PHP新書) に、 東叡山の山号は京の鬼門にある比叡山延暦寺に対応してつけられた。不忍池は琵琶湖に見立てられ、琵琶湖の竹生島とまねて中島を築き、竹生島の弁財天を勧請し、不忍池弁財天堂を建立した。 とあります。「弁財天」は、もとは「弁才天」と表記されていて、やがて「弁財天」とも表記されるようになったといいますが、福運の仏 (神) であると同時に武門に信仰された神です。源頼朝の鎌倉政権の本拠地というべき、「鎌倉」に、『銭洗い弁天』で有名な銭洗弁才天宇賀福神社が存在したのですから、その神社から弁財天を勧請するにしても良かったと思うのですが、これは『形式の重要性』、『呪術上の必要性』というものでしょうか?

関ヶ原の役において取り潰された大名家の家臣、大阪の夏の陣で浪

[教養と学問、サイエンス|歴史|日本史]関ヶ原の役において取り潰された大名家の家臣、大阪の夏の陣で浪人となった豊臣家の遺臣たち、江戸初期に様々な理由で取り潰された大名家の家臣たちが、「帰農」したときに、 そうそう簡単に「庄屋」になれたものでしょうか? 『本当は恐ろしい江戸時代』 (八幡和郎著、ソフトバンク新書) において、大名家が取り潰されても、浪人となった者たちは、別の大名家になかなか仕官できないから、帰農するしかなかった → だが、そういう連中を新たにその領地に移ってきた大名家が締め付けると「窮鼠猫を噛む」ことになるので、庄屋にしたり、郷士にしたりした、という旨の記述があります。 同じく八幡和郎先生の著書で『本当は間違いばかりの「戦国史の常識」』 (ソフトバンク新書) においても、土佐国・山内家において郷士たちが差別され、不当な扱いを受けたというのは間違いである。むしろ「郷士」にしてもらえたので優遇されたと言える、という趣旨のことが述べられていますが、その前提として、御取り潰しになった大名家の武士は (別の大名家に仕官できずに) 帰農するしかなかったということが書かれていて、「こうして帰農した戦国武士たちは、他藩では江戸時代を通じて庄屋などになったのだが」と書かれています。 しかし、取り潰しになった武士が、そうそう簡単に「庄屋」になれるものでしょうか? たとえば、 ① 南部家や島津家のように、鎌倉~室町時代からの『土地にしっかり根を生やした大名』の家臣であって、 ② 戦国時代の多くの武士がそうであったように半農半士の形態であり、 ③ 秀吉による天下統一、太閤検地の後に、一族の中で、「専業武士として大名家に仕える者」と、「豪農=農民として生きることにした者」たちに分かれていた 場合において、その大名家が取り潰しになったら、「専業武士だった者」は、「豪農・庄屋になっている一族」のもとに転がり込んで、多少の土地を分けてもらい、地主になれるかもしれません。 ですが、豊臣政権下で「大名に仕える専業武士」となり、その大名家が鉢植えのように転封させられていた場合は、完全なる根無し草であり、大名家が滅んでしまえば、その領地から出ていくか、その領地に留まるにしても一農民として自ら開墾するしか生きる道がないのでは? と思うのですが… 八幡先生は、財力のある上級武士が、己の蓄えで田畑を購入して地主化した希少例を指して、そう言っているのでしょうか?

「真如苑」 という宗教に誘われています。[ライフ>恋愛・人生相談>社会・職場]

「真如苑」 という宗教に誘われています。 仏教だ、と言いますが、行ってみると、新興宗教のようです。 あと、勧誘や献金はさせられないのでしょうか。 それほど過激な感じもないの…

幕府と朝廷について[学問・教育>歴史]

ど素人かつ無知な質問でお恥ずかしいのですが、幕府と朝廷の違いを簡単に教えてください。 もちろん両者が同じだと考えているわけではなく、両者の役割と立場、絡み方を知りたいです…

鎌倉新仏教の誕生―勧進・穢れ・破戒の中世 (講談社現代新書)
鎌倉新仏教の誕生―勧進・穢れ・破戒の中世 (講談社現代新書)
価格:¥ 681


エロティック日本史 古代から昭和まで、ふしだらな35話 (幻冬舎新書)
エロティック日本史 古代から昭和まで、ふしだらな35話 (幻冬舎新書)
価格:¥ 950



関連記事

コメントは利用できません。

今、光っているアイテム

本格派ネットショップが無料で開店できる

お名前.com

板野友美のYoutube動画集

ブログの投稿を読み込めませんでした。

ページ上部へ戻る